ワイヤレス筋電義肢 ~筋電信号を無線で飛ばせ!~ (2018-03-30)

電気・機械工学専攻 電気電子分野 王 建青 先生

    筋肉が動く際に発生する微弱な筋電信号を読み取ることで、手指を動かしたり、物をつかんだりすることができる筋電義手。筋電信号検出部と義手制御部がケーブルでつながれた状態では、見た目はもちろん、利便性や快適性が大きく妨げられます。
広帯域人体通信技術の開発により、ノイズに強く、誤作動や動作遅延の少ないワイヤレス筋電義手の実用化がみえてきました。また義手に限らず、筋電信号を利用した各種ワイヤレス義肢やパワースーツ、ロボットの遠隔操作などにも応用可能な無線通信技術を、詳しくご説明いたします。
実用化イメージ  
 

 

連携を希望される方は、産学官金連携機構までご連絡ください。
c-socc@adm.nitech.ac.jp