6次元ライトフィールドによる新しい画像処理、情報提示(AR)の仕組み (2018-03-30)

情報工学専攻 メディア情報分野 坂上 文彦 先生

    ライトフィールドとは、画像になる前の光線の情報、2次元画像を含む多次元(6次元)情報です。
その6次元情報のうちいくつかを選び出し、用途に合わせた使い分け、技術の開発・研究を行っています。
「人によって魚や花に見える映像?」「新しいAR?」「同じ映像なのにマントヒヒ?女性?」
ライトフィールドによる最先端の画像処理、情報提示の仕組みをご覧ください! 
実用化イメージ  
 

 

連携を希望される方は、産学官金連携機構までご連絡ください。
c-socc@adm.nitech.ac.jp