永久磁石エラストマーを用いた環境振動発電 (2019-03-20)

電気・機械専攻 機械工学分野 岩本 悠宏 先生

    マシュマロのように柔らかく、変形自在な永久磁石を開発!ゴム弾性材料「エラストマー」の中に磁性ネオジム微粒子を分散させて着磁した「永久磁石エラストマー」は、変形による地場の強弱を利用して発電するため、周りにコイルを巻いて振動させるだけで発電とセンシングが可能に。IoT技術に不可欠な電力フリーのセンサーに活用できるほか、乗り物による振動発電、人工筋肉など、技術展開が期待されます。どんなものか見てみましょう!
実用化イメージ
 

 

連携を希望される方は、産学官金連携機構までご連絡ください。
c-socc@adm.nitech.ac.jp